川越の情報セキュリティ対策はおまかせ!ウイルス感染、データ復旧も地域密着でスピーディに対応します!

シュレッダー

HOME > 防犯セキュリティ対策 > シュレッダー

シュレッダーを活用するメリット

1.機密情報の漏えいを防ぐことができる

外部に漏らしたくない機密情報を記載した書類は、放置や紛失による情報漏えいのリスクがあります。

シュレッダーを活用することでそのリスクを低減します。

2.大量の書類をまとめて処分できる

シュレッダーは一度に数十枚の書類を処分できるので、効率的に大量の書類の処分ができます。

3.マイナンバー制度への対応・コンプライアンス遵守

しっかりとした管理体制が求められるマイナンバー制度に対して、物理セキュリティの観点から体制を整えることができます。同時に、コンプライアンス遵守の体制を作ることにもなります。

シュレッダーを選ぶ際に検討することは3つ!

①細断枚数

一度に細断する枚数はどれくらいなのか検討しましょう。大切なことは、最大細断枚数と定格枚数を確認することです。最大細断枚数とは、性能上、シュレッダーが細断可能な最大の枚数です。この最大枚数で細断しようとすると、モーターを精一杯回すので熱が発生し、機器への負荷が大きくなります。定格枚数とは、モーターを回しても熱の発生が少なく、シュレッダーへの負荷が少ない適度な枚数のことを言います。

②細断方式・カットの細かさ

細断方式とは、紙をカットする方法のことです。縦方向にカットするだけと、縦切り横切り両方を行うのとでは、文字を解読できるかに大きく差が出ます。また、裁断の幅でも差が出てくるのです。オフィスで使用する場合は、裁断サイズが細かくできるシュレッダーをおすすめします。ちなみに、マイナンバー対策では復元不可能なサイズでの細断が義務付けられていますが、1.0×9.6㎜以下の細断ができるシュレッダーが求められます。

③CD・DVD等の細断の必要性

紙以外のメディアを頻繁に裁断するかどうかを検討しましょう。細断することが多ければ、CD・DVDにも多くの情報が入っていますので、きちんと対応するシュレッダーをおすすめします。紙しか処理しないという方は、紙専用タイプでお探しいただければ安価で購入できます。

「小江戸情報セキュリティ相談センター」がおすすめするシュレッダー
MSシュレッダー Powerシリーズ

メーカー名:株式会社 明光商会
URL:https://www.meikoshokai.co.jp/product/shredder
料金 応相談

【EDIAの特長】
一度に75枚の細断が可能なハイパワーモデル

一度に大量の細断が可能なモーターを搭載し、大量の書類を廃棄できます。

また、オートストップなど便利な機能も搭載されています。

サービス導入の流れ

まずはお問い合わせください。当社の経験豊富な社員がお客様のご要望をうかがい、ネットワーク・オフィス環境を把握した上で、最適なご提案をいたします。

情報セキュリティ対策

防犯セキュリティ対策

お役立ちコンテンツダウンロード

中小企業のための
情報セキュリティハンドブック
中小企業がやるべき情報セキュリティの基本が分かる小冊子です。

自社セキュリティ診断チェックシート

5分でできるセキュリティ診断チェックシートで、対策状況をチェックしましょう。

Contact
お気軽にお問い合わせください